ホーム > 事業報告
平成27年度事業報告
(単位:百万円)
前年度 当年度 増減 前年比
事業活動収益 3,249.2 3,312.7 63.5 102%
人件費 1,720.0 1,950.8 230.8 113.4%
事業費 553.6 506.8 △46.8 91.5%
事務費 263.2 262.2 △1.0 99.6%
利用者負担軽減額 0.3 0.6 0.3 176.5%
減価償却費 258.7 259.2 0.5 100.2%
国庫補助金等特別積立金取崩額(△) △90.7 △92.1 △1.3 101.5%
事業活動費用 2,705.2 2,887.6 182.4 106.7%
事業活動増減差額 544.0 425.1 182.4 78.1%
(単位:百万円)
前年度 当年度 増減 前年比
収入計 3,281.0 3,346.8 65.8 102.0%
支出計 2,586.7 2,776.5 189.8 107.3%
【事業活動資金】収支差額 694.3 570.2 △124.0 82.1%
収入計 709.3 1,546.0 836.6 217.9%
支出計 1,250.6 1,013.3 △237.2 81.0%
【施設整備等資金】収支差額 △541.2 532.6 1,073.9 -
その他の活動資金収支差額 △734.6 △110.2 624.4 15.0%
当期資金収支差額 △581.6 992.7 1,574.2 -
前期末支払資金残高 1,899.8 1,318.2 - -
当期末支払資金残高 1,318.2 2,310.8 992.6 175.3%
(単位:百万円)
前年度 当年度 増減
現金預金 1,010.7 1,224.5 213.8
未収金 647.5 651.9 4.4
未収補助金 8.6 812.3 803.6
立替金 1.4 6.2 4.8
前払金 15.9 9.4 △6.5
仮払金 0.0 0.0 0.0
その他流動資産 0.0 0.0 0.0
流動資産 1,684.2 2,704.3 1,020.1
土地・建物 7,826.9 7,623.7 △203.2
その他 1.0 1.0 0.0
基本資産 7,826.9 7,623.7 △203.2
その他固定資産 1,132.8 1,777.9 645.0
固定資産 8,960.7 9,402.5 441.8
資産の部 10,644.9 12,106.9 1,461.9
(単位:百万円)
前年度 当年度 増減
未払金 361.7 385.3 23.6
その他流動負債 259.4 320.2 60.8
流動負債 621.1 705.5 84.5
設備資金借入金 4,345.4 4,593.4 248.0
固定負債 4,345.4 4,593.4 248.0
負債の部 4,966.5 5,298.9 332.5
基本金 209.2 209.2 0.0
国庫補助金等特別積立金 2,339.5 2,253.0 △86.6
修繕積立金 10.0 115.0 105.0
施設・整備等積立金 133.5 138.5 5.0
建設積立金 8.6 820.8 812.2
その他の積立金 152.1 1,074.3 922.2
次期繰越活動増減差額 2,977.7 3,271.5 293.9
(内、当期活動増減差額) △145.6 1,216.0 1,361.7
純資産の部 5,678.5 6,808.0 1,129.5
負債及び純資産の部合計 10,644.9 6,808.0 1,129.5

社会福祉法人「緑樹会」の平成27年度事業活動並びに決算書は、平成28年5月26日開催の役員会にて無事承認されましたので、ここに概略報告致します。

【施設運営】
1.特養・グループホーム・ケアハウス

徳島事業部、横浜事業部共に、稼働率は期初に設定した目標を達成出来た。一部の施設では、年末・年始にかけて入居者様の入院により苦戦しましたが、他の月で挽回出来ました。

2.短期入所

ラペ瀬谷を除く全施設のショートは、期初稼働率目標を達成出来ず苦戦。

3.デイサービス

おおつ苑のみ期初稼働率目標達成。おおあさ苑・きたじま共に必要利用者数を確保出来ず未達となった。

4.居宅介護支援事業所

各ケアマネの担当件数は定員上限数に達している。今後の課題としては、

①営業強化要員として、ケアマネの増員を図る、

➁営業強化用の各種資料の整備(ホームページの刷新・法人紹介ツールの開発等)

【決算報告】
1.事業活動計算書

①収益:各施設新たな加算獲得に努め、2%の増収を達成出来ました。

②費用:特に人件費で、介護職員の処遇改善手当支給や、関東事業部内に於いて介護人材不足を派遣社員でカバーしたため、13%増加。他の費用で吸収を試みたが全額吸収出来ず、費用全体で収益増を上回る6.7%増となった。

2.資金収支計算書

平成27年度の資金収支は10億円近いプラス収支を確保出来る見通しから、法人全体で約1億円の修繕積立金を計上した。

3.貸借対照表

平成28年度7月オープンの介護老人福祉施設「ラペ日野」建設資金として約8億円が計上されている。従って、約4億円が実質の当期活動増減差額となった。